USPってなに?ライバルと差別化するコツとコンセプトの作り方

こんにちは。

WEBマーケッターのツノダヒカルです。

 

マーケティングでは、有名な用語に「USP」があるんですよね。

 

今までUSPを作った経験がなくライバルに勝てなくて、ビジネスに失敗してきたのではないのですか?

 

また、USPの言葉は知っているけど意味と作り方を理解して、ライバルと差別化するやり方を知りたくて、あなたはこの記事を読んでいると思います。

 

USPとは、競合他社の多い市場では、あなたのビジネスを魅力的にするためのコンセプトメッセーシになります。この記事では、USPを作るためのコツや注意点など教えます。

ツノダヒカル
USPを作らないとライバルと差別化することが出来ません。ライバルと差別化ができたら自分のビジネスも成功につながります。
スポンサーリンク

そもそもUSPって?

 

USPとは、

Unique・・・ユニーク → 独自
Selling・・・セリング → 売り
Proposition・・・プロポジション → 提案

略語になります。

 

ユニークセリングプロポジションを略してUSPですね(笑)

 

お客様が商品・サービスを選ぶ理由になり、ビジネスや商品の「テーマ」を語るときのマーケティングのコンセプトになるものです。

 

ツノダヒカル
USPの意味が分かったところで本題に入りたいと思います。次は、どうしてUSPが必要なのか?詳しく説明しますね。

どうしてUSPが必要なの?

 

"USPは、どうして必要なんでしょうか?"

 

例えば、あなたが、そば屋を経営していたとします。街にもう一軒のそば屋がオープンしたとします。街にあるそば屋さんがあなたのお店しかなかった場合はUSPを作る必要はないんですよね。

 

それは、街の人々が、そばを食べたくなったら、あなたのお店に行くしかないからです。

 

街にもう一軒のそば屋さんの「三島そば屋」ができたとします。どちらのそば屋でも同じ美味しい、そばを食べるなら「三島そば屋」に近い人は、「三島そば屋」へと流れます。

 

さらに新たに、そば屋が2店ができたなら。お客様の数は、どんどん少なくなってしまいます。そこで、質問ですが、あなたは、"どうやってお客様の数を増やしますか?"

 

例えば、料金を無暗に安くしただけなら、他のお店も真似して、価格の値下げを始めます。そうなると、どんどん価格は安くなり、価格競争に巻き込まれてしまいます。あなたのお店に選ばれる理由がないと、お客様を取り戻すことは、不可能に近いですよね。

 

そこで、あなたのお店ならではのUSPが必要になります。

 

ツノダヒカル
USPがないとライバルに勝つことは不可能に近いでしょう。ライバルに負けないためにもUSPを活用しよう。

簡単にできるUSPの作る方

 

あなたのビジネスを発見して、USP見つけて作る方法を教えます。

 

この、USPは、そう簡単にできるものではありません。ただしUSPがあれば、大きな力になります。

 

是非とも時間をかけて、ゆっくりと取り組んでみてください。

① たくさんのカードを準備して「お客様が、まだ満たされてない欲求」「自社にできる方法」などをアイデアとして書いていく
② 多くのアイデアを出したら、「お客様にとって重要なこと」と「自社にできる簡単な順番」に並べていく
③ お客様にとって重要であり、かつ自社とのライバルを差別化できるものを組み合わせてみる
④ 誰にとって、とんな特徴があり、どんな得があるのかが分かるように文章にする
⑤ できれば、分かりやすく言葉にまとめる

ツノダヒカル
USPの作り方を何度も見直してチャレンジしてみてくださいね。

USPを作る時の注意点はあるの?

 

それでは、詳しくUSPを作る時の注意点を教えます。

自分の強みを探す

USPを作る時は、自分の強みを探す必要があります。この強みこそがライバルに差別化できる抜け道と言えます。

自分の強みを探す3つのコツ
  • 数字で書き出せるものは書き出す
  • 逆説でシンプルに考えてみる
  • 自分が学んだことや経験してきたことを書き出してみる

この3つのワークをすることでUSPを作る時にミスる確率は低くなります。

 

USPは、一度作れば、半永久的に使えるものではありません。時代の変化や競合他社の動向により、USPにも変化が必要になります。

 

なぜなら、USPは、主に機能的な価値をメッセージにするので、競合他社に真似されやすいところがあるからですね。あなたのビジネスの成長と一緒にUSPを変えていくことも大事です。

 

ツノダヒカル
このUSPの注意点を理解して頂けたらあなたは、もっと成長してビジネスで失敗する確率は減ります。

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

USPとは、ライバルが満たしてない、あなただけの約束できる提案になります。そして、ライバルが存在しないビジネスであれば、USPを考えなくても大丈夫です。

 

ただ、ライバルがいるのならば、USPを考えないとライバルに負けてしまいます。

 

ライバルもビジネスで負けたくないので必死になってライバルをリサーチして対策してきます。この時にUSPが作れるようになることでライバルに負けない自分の強みを作ることが出来るんですよね。

 

今回ご説明したUSPの話を参考にして考えてみてくださいね。

ツノダヒカル
今回は、USPについて説明しましたが、しっかりとUSPをマスターして活用して欲しいと思います。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事